チャットモンチーは、最後まで「ガールズ」バンドだった

 

チャットモンチーが「完結」してから早1ヵ月。

 

完結することを知って、驚くと同時に、何となく納得した。

「ガールズ」バンドをずっと続けることって難しいんじゃないかな、と思った。

 

かれこれ10年弱くらい、チャットモンチーを聴いてきた。

彼女たちに感謝を込めて、メジャーでの楽曲全体を振り返りながら、なぜ「ガールズ」バンドが難しいと思ったかを書いておきたかった。書くのが遅い

 

CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~ [DVD]
チャットモンチー
¥ 4,231(2019/02/03 22:49時点)

 

チャットモンチーの魅力

 

僕が初めてチャットモンチーを知ったのは、シャングリラが地上波で有名になった直後くらいのこと。

 

シャングリラで有名になったのは知らず、『生命力』に収録されている「親知らず」を聴き、1曲目でガッツリ掴まれた。

等身大の歌詞、言葉をメロディーに乗せ心を揺さぶる上手さに。

 

親知らず
チャットモンチー

ロック

 

そこからは全部片っ端から聴いた。

これは個人的な音楽の聴き方なのだけれど、アルバム1枚聴いて、アルバム曲に掴まれたアーティストの楽曲は全部聴く。

アルバム曲が面白いと、全体が面白いと思う。(今はデジタルで1曲単位が主流になっているけれど)

 

そんな感じで聴いている僕が思う、チャットモンチーの魅力。

 

シンプルな演奏だけど3人のグルーヴ感

言葉のまんまなのだが、伝えやすくこれ!という動画はYoutubeにはなかった。

3人で1つ、というか(語彙が少ない)、そんなまとまりがすごく心地良いのだ。

チャットモンチー 『「橙」Music Video』

3人での最後のライブ「WASH THE LIVEHOUSE ’09@Zepp Tokyo」の『Last Love Letter』なんかが僕は一番好きだ。

WASH THE LIVEHOUSE ’09@Zepp Tokyo [DVD]
チャットモンチー
¥ 3,567(2019/02/03 22:49時点)

 

舌足らずな声とロックなサウンド

ギャップ萌えというやつ。(笑)

男が男らしさ、女が女らしさのようなどちらかに偏るのではない、真ん中に向かっていくような、そういうところが良い。

ツマサキ
チャットモンチー

ロック

 

分かりやすいのに、例えが上手い歌詞

ケンカした夜は早送り
思い出にしがみついた巻き戻し
一生忘れてしまいたいの 重ね録り
キレイなとこだけ残して 録画、編集

ー『プラズマ』作詞: 福岡晃子

デジタルな彼と、アナログな私の日常が、「録画」。

いつもより ゆっくりお風呂に入ろう
泡てた答えは必要ない 汗るほどくもっていく鏡
いつもより やさしく頭を洗おう
お疲れ様は疲れてるんだ

ー『テルマエ・ロマン』作詞: 橋本絵莉子

映画「テルマエ・ロマエ」の主題歌。「お疲れ様は疲れてるんだ」って、思わず上手い、とうなってしまうこの感じ。

 

 

2人になっても「チャットモンチー」

正直2人になった時は、そのまま解散してしまうんじゃないかと思った。

何より、3人で1つのサウンドが欠けちゃうのだから。

YouTube

でも、解散しなかった。

2人でやっちゃう好奇心、というか、本当に音を楽しんでいるんだな、って思いを感じた。ドラムを叩きながら歌ってる『初日の出』なんかは本当にカッコいい。

チャットモンチー 『こころとあたま』(Live「求愛ツアー♡2015」@Zepp Tokyo)

サポートメンバーが加入した時(1年限定だったけど)、また元のように活動するのではとも思った。

 

完結 =「ガールズ」で終わらせたい意思

サポートメンバーが加入したのは、ボーカルの橋本絵莉子が出産した後のこと。再始動的な感じだったけれども、歌詞に変化を感じた。

鈍感ではいられない街 ここ東京
純粋では報われない声 張りあげろ
鈍感ではつまらない街 ここ東京
純粋では務まらない声
私はただ うたいたいうたが なくなっていくのが こわいだけなんだよ
ー『いたちごっこ』作詞:橋本絵莉子

いたちごっこ
チャットモンチー

ロック

 

約10年前にも東京のフレーズは出ていて、その時はまだ上京したての、まさに「ガールズ」。

ハチの巣みたいだ 東京
働きバチの行列だ
私はまだやわらかな幼虫
甘い甘い夢を見てる
ー「東京はちみつオーケストラ」作詞: 福岡晃子

東京ハチミツオーケストラ
チャットモンチー

ロック

この曲との比較の意図があって『いたちごっこ』を書いたのだろうけど、結婚・出産を通して、女性として身も心も変わりつつあることを憂いているような、そんな感じがした。その当時の活動の少なさも相まってかもしれない。

そして「完結」という発表があって、「ガールズ」バンドとして一貫性を持たせたい、そういう頑固さがチャットモンチーなんだと思った。

 

最後のアルバムも、今までとは違う打ち込みで作ったり、音を楽しみ新しいことをしようとするチャットモンチーらしさと共に、「女性・母」としての要素が同居する、余韻を残すアルバムだった。

誕生(通常盤)
チャットモンチー
¥ 2,100(2019/02/05 01:59時点)

 

まとめ

「ガールズ」バンドをずっと続けることが難しいかもしれないのは、女性としての心身の変化が大きいのかもしれない、と思った。

子供を育てるのも、家庭を守るのも女性、というのは固定概念しかないけれど、子供を産んで母になることは、女性の人生観を大きく変えるんだろうと。

 

『Last Love Letter』のPVでは、おばあちゃんになっても3人でLIVEをしている。

そういう日が来ることは今のところないけれど、いつかやって欲しい。

チャットモンチー 『「Last Love Letter」Music Video』

それまではとりあえず、サラバ青春。ありがとう、お疲れ様でした。