Amazonが「数百人規模のリストラ」をシアトル本社で実行する理由【GigaziNE】

成長を続けるAmazonが珍しく「数百人規模のリストラ」をシアトル本社で実行する理由とは?
オンライン通販の分野で一強となりつつあるAmazonは、積極的な企業買収と雇用の拡大によってさらなる成長を遂げています。そんなAmazon帝国設立の野心に燃えるAmazonが、「珍しく数百人規模のリストラをシアトルで実行した」というニュースが、The Seattle Timesに取り上げられています。

 

Amazonのシアトル本社以外におけるリストラは、Amazonの小売り事業を統合する方針が影響しているとのこと。Amazonの子会社で出版事業に関わるCreatespaceは2年後に200人規模のリストラを実施予定であり、靴などのアパレル事業を展開するZapposは30人のリストラを実施する模様。過去には5億円で買収したEC運営サイトQuidsiを閉鎖し、250人以上をリストラするなど、雇用のスリム化に努めています。