コム デ ギャルソンECブランド「CDG」、そのコンセプトやいかに?

 

 

コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)は7月、新ブランド「CDG」を始動する。同社の40年間にわたるクリエイションを意味するシンボルロゴをデザインした商品を発売予定だ。また、同社初のネット販売を行うため、新たに公式サイトもローンチした。

 

301 Moved Permanently

 

コム デ ギャルソンと言えば、日本発世界を代表するファッションブランドであり、
「デザインと商業」の瀬戸際を突き詰め、固定された常識を壊し自らが流行させ定着した「新常識」さえもその対象とする、常に新しいものを生み出そうとする独自のコンセプトを持つ。

 

EC中心にブランド展開する、とその中身は?

長年インターネット上での活動には消極的で、公式サイトもコンセプトのみだったり、Web上で流通している商品は「PLAY」や「Wallet」など低価格ラインのみ。

 

公式サイト:

COMME des GARÇONS
COMME des GARÇONS

 

 

 

 

 

 

 

※左から:PLAY COMME des GARCONS 右:Wallet COMME des GARCONS

 

そんなコム デ ギャルソンがECを中心にブランド展開するとなれば、注目もされるし期待もあるが、その内容が気になるところ。

「PLAY」や「Wallet」のデザインを見れば、コム デ ギャルソンの独自のコンセプトとは
少し違うと感じる。

 

ブランド展開の目的自体が、ブランドの認知や商業にあるのかもしれないが、普通のTシャツにロゴが付いただけならば、キムジョーンズが「GU」とコラボしたような手法の方が面白いように思う。

 

 

 

現在公開されているのは、告知を兼ねコム デ ギャルソン直営店、ドーバー ストリート マーケット ギンザで販売される限定商品(右画像)。そのデザインを見る限り、「PLAY」や「Wallet」寄りのコンセプトな気がする。

 

それが悪い、というわけではないが、本来の「コム デ ギャルソンらしさ」をコンセプトとして展開して欲しい、という個人的な願いを込めて。

今後の展開が気になるところです。

 

CDG公式サイト:https://www.cdgcdgcdg.com/