G-SHOCK 初代モデルを受け継ぐ5000シリーズ初のフルメタル化 4/13発売 他

G-SHOCK 初代モデルを受け継ぐ5000シリーズ初のフルメタル化 4/13発売 - CASIO公式

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、スクエア型の「5000」シリーズ初のフルメタル仕様モデル『GMW-B5000』(2モデル)を4月13日に発売。

ケース、ベゼル、バンドといった外装素材には、全てステンレススチールを採用。“G-SHOCK”35周年記念モデルである『GMW-B5000TFG-9』は、ゴールドIPを施し、裏蓋には35周年記念ロゴを刻印。

価格はシルバーが6万、ゴールドが7万円程。(メーカー希望小売価格)

フルメタルシリーズである「MR-G」は一番安くても14万~、平均30万前後なのでアナログ・高機能でなくとも、フルメタルに魅力を感じる人には手が出しやすくなった。
とはいえG-SHOCKの基本的なタフさがあれば、下手な時計より長く付き合えることは間違いない。

 

35周年モデルだとこれも気になる。

 

 

35周年記念モデル「RED OUT」

 

 

記事元:https://www.casio.co.jp/release/2018/0301_gmw-b5000/

 


人間の脳は心臓が止まった後も数分はまだ「生きている」ことが確認される - Gigazine

一般的に、人は心臓または脳の活動が停止した時に「死を迎えた」と認識されます。しかし最新の研究では、心臓が止まって脳への血流が止まってからも3分間から5分間は脳の細胞がまだ活動を続けており、実際に「脳の活動が停止した」と言うべき瞬間があることが明らかになってきました。

どんなに技術が進歩しても、人が人である限り生命の神秘は永遠に理解できないような気が
します。

この記事を読んで最初に思い浮かんだのは「ルパン三世 ルパンVS複製人間」。
脳だけで生きているマモーがかなり不気味で、そこまでしてまで生きることに執着することが
非常に不思議でした。こんなことが実現される日もそう遠くないのかもと思うと、とても複雑な気分になりました。

 

 


右脳の冒険―内宇宙への道 (Mind books) 単行本
– 1984/10
コリン・ウィルソン (著),‎ 中村 保男 (著),‎ Colin Wilson (著)

 

 

記事元:https://gigazine.net/news/20180302-human-brain-still-active-after-death/