【NoxPlayer】PCでAndroidアプリが動かせる!必要スペックや注意点を解説

スマホゲームをプレイしていると(特にオートプレイ)

  • 電池消耗が激しい。充電しながらだと電池寿命が落ちる
  • 他のアプリが使えない

なんてことがちょっとした悩みになりますが

PCでAndroidアプリを動かせるエミュレータNoxPlayerを使えば、PCで作業しながらでも画面の端でオートプレイができるようになったりします。

NoxPlayer
NoxPlayerは完全無料なAndoroidエミュレーターです。お好きなスマホゲームやアプリをPCの大画面でプレイできます。Windows・Macとの高い互換性を備え、快適なゲーム体験を提供します。

インストール自体は画面の指示に従えば簡単にできるので、

  • インストールする際の注意点
  • アプリを動かすために必要なスペック

について解説します。

インストールする際の注意点

インストールする際の注意点として、アプリをインストールするごとに容量が大きくなるので、容量に余裕のあるドライブにインストールすることをオススメします。

インストール画面のカスタムで、インストールするディレクトリを変更可能です。

 

インストール後、GooglePlayストアでGoogleアカウント認証することでアプリをインストールできるようになります。

アプリを動かすために必要なPC環境

「NoxPlayer」自体を起動するのにそこまでスペックは必要ありませんが、ゲームアプリ等を起動するためにはそれなりのスペックを要求されます。

Nox Playerの推奨スペック
CPUIntel Core i3以上
AMD Ryzen 3 以上
メモリー4GB以上
グラボNVIDIA GTX 1050以上
AMD Radeon RX 570以上
ストレージ6GB以上

アプリをインストールしても、画面が黒いまま進まなくなったり、動作が重かったりする場合は、上記のスペックを満たしていない場合が多いと思います。

特に家電量販店などで売られているPCには、高性能なグラフィックボード(グラボ)を搭載していないので、「NoxPlayer」を十分に使うためにはゲーミングPCやBTOパソコン、もしくは自作でPCを組むことをオススメします。