Feedlyとinoreader、種類別に使い分けたら見やすくなった!

 

情報収集が捗る最強ツール、RSSリーダーと言えば「Feedly」と「inoreader」
が有名ですよね。

どっちが使いやすい、といった比較されていることは結構多いですが、
そういう記事を読んでいるうちに、どっちも便利なのでどっちも使っちゃおう、
という結論に至りました。

購読数が多くなるとごちゃごちゃしてくるため、それを種類別に分けて見やすくしよう!
そんな個人的に使い分けている方法を紹介します。

 

インストール方法の分かりやすい記事

2019版:RSSリーダー【feedlyフィードリー】の超簡単な使い方をまとめたよ! - ムビログ
WEBチェックにInoreaderをおすすめする理由|MarroNote -マロノート-
RSSリーダーをご存知ですか?情報収集のために利用しますが、企業が業界の情報取集のために今でも利用されています。 RSS

情報の取得元が混在すると見にくい

 

私の場合、現在RSSを購読している情報の種類は大きく分けて4種類。

・メディアサイト(情報系ブログ含む)

・企業のニュースリリース

・twitter

・youtube登録チャンネル

 

これをどちらかのアプリ全て購読すると、

・表示される見出し文の書き方の違い
・アイキャッチ画像の有無

で、とっても見づらくなります。

何が見にくいのか考えてみたところ、見出し文が記事タイトルで、アイキャッチがほぼついているメディアサイトの記事と、それ以外が混在すると見にくいということに気づいたので、

メディアサイト → feedly

それ以外の3つ → inoreader

という分類自体をアプリで分けるという方法を取りました。

 

こうすることで、Feedlyはマガジンビューですっきり見ることができます。

inoreaderの方は統一感はあまりありませんが、記事タイトルが無くなったことで読みやすくなります。YoutubeはYoutubeだけで見たりもできるので。

 

無料版の制限にも有効

ご存知の方も多いと思いますが、Feedlyとinoreaderはそれぞれ無料と有料の2種類のグレードがあり、それぞれ制限があります。

Inoreader(無料版)の無制限容量の制限メモ(About the limit of Unlimited subscriptions in Inoreader) - はしくれエンジニアもどきのメモ
Inoreader(無料版)の無制限容量の制限メモ(About the limit of Unlimited subscriptions in Inoreader(Free)) 容量無制限だと思いInoreaderを使っていましたが,登録していたフィードが予想以上にitemをpostしていたようで,ブロックされてしまっ...
100Feed超えしてしまっているのでFeedlyからRSSリーダーの乗り換えを考えてみる
みなさん、定期的に購読しているBlogの更新情報ってどのように入手されていますか?わたしはクラウドのRSSリーダーであるFeedlyを使用してチェックしております。今回はこのあたりをまとめてみます。FeedlyのFREEアカウントは100F

そういう意味でも、それぞれを使い分けるメリットはあるのではないでしょうか。

 

まとめ

私はメディアサイトはFeedly、それ以外はinoreader、という使い方をしていますが、
それが逆でも機能的にはほぼ変わらないのでどちらでも良いと思います。

ただ、inoreaderは日本語なのでこちらの方が操作するにもやりやすい、という点でそれ以外をinoreaderにしています。

 

他にも良い使い方がありましたら、ぜひ教えてください。

 

最後に私が利用しているTwitterのRSS購読の方法と、Youtubeの登録チャンネルを一括で登録する方法を載せておきます。

 

・TwitterのRSS化

こちらで紹介されているTwitterのRSS化サイト「QueryFeed」でも良いのですが、普通にサーチするとリツイートもついてしまうので情報収集には不向きです。(一応リツイートを外すチェックがあるのですが、うまく機能していないようです。2018/5/5現在)

なのでTwitterだけなら「TwitRSS.me」をおすすめします。

TwitRSS.me - rss of twitter user feeds by screenscraping with perl

 

・Youtubeの登録チャンネル一括購読(inoreaderの場合、PCからのみ可能)

登録チャンネルを管理ページの下にある [登録チャンネルをエクスポート] をクリックし、OPML ファイルをダウンロード。ファイル名は”subscription_manager.xml” 。

inoreader(PC版)の画面右上の設定から「インポート/エクスポート」を選択。
OPMLのインポートで先程のOPMLファイルを選択しインポート。